タイトル:グローバルチームのリレーエッセイ!

4万kmのこころざし


今海外からこのサイトにアクセスされている皆様

日本国内からアクセスいただいた皆様


インテリムのオウンドメディア、LiGHTHOUSEへようこそ!


インテリムグローバルコラボレーション部門の部門長を務めます江口と申します。


子供の頃、父に地球儀を買ってもらったことがあります。

皆さん、地球一周はどれくらいあるかご存知ですか?

そうです、4万キロメートルです。

いつもその地球儀を見ながら、地球をぐるっと周る4万kmの夢の橋を渡すことができれば、世界中の人々は国境を越えて自由にどこにでもいけて、友達が沢山できるのになあと、真剣に空想に似た計画を練っていたものです。

さすがに大人になると、だんだん現実の世界を理解し、その空想の壮大さに恥ずかしくなり、その夢のような計画は心の奥深くにお蔵入りさせてしまいました。

しかし、その夢を蔵出しさせてくれたのがインテリムです。


インテリムではこれまで、オンコロジーとアジア試験の高い経験値を組み合わせて、

アジアでのオンコロジー試験のための典型的なプラットフォームを構築してきました。

オンコロジー領域では各国共通の認定制度を作り、またアジア各国でのIND、IRB、NDA等の薬事要件を集約し、主に日本企業向けに可視化してご活用頂けるように情報の整備にも取り組んでいます。

文章にしてみるとたった4行の事柄ですが、これらは何もかもが新しい試みや枠組みで、

すべてが新鮮で魅力的で、しかしそれと同じくらい困難に満ち溢れた道のりでした。

まず、アジアという枠組みは協同作業という点では実に不自由で、特に言語に困ります。

便利な共通ツールと思われる英語はまだ十分には浸透していません。

そして、臨床試験のガイドライン、薬事文化、そして民族的な概念まで似て非なることだらけです。


日本では簡単にできるスケジュールの作成一つとっても、これがさぁなかなか大変です。

しかし、楽しいのです。アジアが今、自分たちの手の中で一つになろうとしているのですから。絶対不可能だと笑われた夢を共有し、その実現のために一致団結できる会社、それがインテリムです。


インテリムのグローバル事業は、単に今ある事業を海外に拡大しようとしているのではなく、世界中で誰も考えていなかった革新的な事業モデルを作り、世界各地に展開しようとするものです。CROの既成概念に囚われない即決即行動ができる風通しの良さと、有言実行の情熱があります。

個性豊かな社員が、国籍、ロケーション、部署や役割を超えて、議論と挑戦を繰り返し、

また、最先端の技術や、柔軟なアイデアを積極的に取り入れ、今まで想像したこともないような次世代型Globalスタディプラットフォームを実現しようとしています。

これからのインテリムはアジアだけでなく、世界中に飛び出して行きます。

私一人ではとうてい架けられなかった世界を駆け巡る橋は、インテリムの仲間たちがいれば本当に実現するかもしれません。


私達のこころざしの長さは4万km。


私と共に、その夢の実現に向かって走る仲間たちのリレーエッセイをご覧になり

ぜひ、あなたにもその情熱を感じ取っていただけたらと思います。

トップバッターは中国からたった一人でやってきたジャパニーズアニメ好きな社員を

ご紹介します。彼らがつづるリアルな日常をお楽しみに!


LiGHTHOUSE

株式会社インテリムの情報発信サイト「LiGHTHOUSE」です! アジアNo.1の医薬品開発パートナーを目指すインテリムが、働き方をはじめとしてオンコロジー・再生医療に対する取り組みをアグレッシブに発信していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000