新卒入社してからの1年間(2年目として)

「新卒入社から1年間を振り返る」と題して、

インテリムに新卒入社したR.Sさんへ行ってきたインタビューも、今回で最後となります。

最後は、R.Sさんが2年目としてどのように成長していきたいか等にフォーカスしてインタビューをしました。

是非、最後までご覧になってみてください。



―既にインテリムに入社して2年目に突入していますが、1年目と比べて意識が変わった部分はありますか?

R.Sさん

導入研修の際に、「1年目だから仕方ない、ではなく、1年目なのにすごいね。と思われるように取り組んでくださいね」と言われたことが、すごく頭の中に残っていたので、すごく意識をして今まで頑張ってきました。

2年目も、1年目以上に、「2年目なのにすごいね!」と思ってもらえるように、業務に取り組んで行きたいと思います。


―そういう意識の中で、具体的に今後にチャレンジしてみたいと思うことはありますか?

R.Sさん

いまは、目の前のことでいっぱいいっぱいの状況になっているので、現時点で今後のチャレンジについて具体的に考えることはできないというのが本音です..。

ただ、全ての業務でその時その時で出来る最大限のことを常に追い求めていきたいと思います。


―将来的に、こういうことをやってみたいというものも未定ですか?

R.Sさん

いまのところ具体的にあれやりたい、これやりたいというのはないです。

ただ、色々な経験を積んでモニターとしてのスキルを向上したいと強く思っています。

今は経験が浅いので、色々な経験を積んでから、具体的にやりたいことを見つけていきたいと思います。


―今後R.Sさんにはどんな経験を積んでもらいたいと思いますか?

E.Sさん

今R.Sさんが配属されているプロジェクトは、

SUMが終了してエントリーが終わるかな?くらいのところからスタートして、症例検討会、終了報告をやり、結局最後まで一人で乗り切ってくれました。

このプロジェクトは、今月あたりで終了の見込みなので、OJTで経験できなかった、最初のSUMや選定等を経験してほしいなと思います。

OJT中、OJT後でCRAとしての業務を一通り経験することができたと思うので、経験できたことについては次のプロジェクトで「もう、わたしはできます!」という風な姿勢で、萎縮せずにどんどんチャレンジをし続けて欲しいと思います。


―最後に何か、E.Sさんにお伝えしたいことはありますか?

R.Sさん

本当に感謝の気持ちしかなくて、

「本当にありがとうございます。」としか言えませんが、3年目には一人立ちができるよう、1年目で経験できたことを最大限に活かし、モニターとしても非常に重要になってくるであろう2年目もより多くの経験ができるよう、積極さを忘れずに過ごしていきたいと思います。




最後まで、御覧いただきありがとうございました!

次回の記事も是非ご覧ください。



LiGHTHOUSE

株式会社インテリムの情報発信サイト「LiGHTHOUSE」です! アジアNo.1の医薬品開発パートナーを目指すインテリムが、働き方をはじめとしてオンコロジー・再生医療に対する取り組みをアグレッシブに発信していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000