新卒入社してからの1年間(研修編)

(※本インタビューは新型コロナウイルス感染予防の対策中に実施したものですのでマスクの着用をしています)

今回は昨年インテリムに新卒入社をしたR.Sさんへインタビューを行い、1年間の成長の軌跡を4回に分けてお届けします!

この1年間でR.Sさんがどんな経験をし、何を学んだのかを、チューターにも登場いただき、様々な角度からお伝えします。是非ご覧ください!


―自己紹介と、現在の業務内容を教えてください。

R.Sと申します。4年制大学の生命科学部出身です。

現在の業務は、ほぼ終了間近のプロジェクトと、再生医療等製品の使用成績比較調査に関する業務に携わっております。


―医薬品開発に興味を持った理由を教えてください。

特別、医薬品開発に興味があったわけではありませんでした。。

特にやりたいことが無く、MRが稼げると聞いていたので、就活が始まる頃は、それだけの理由でMRを目指していましたが、ふと全国転勤は嫌だなと思い就活に困っていたら、品質管理をやっている義兄に、「CRAでもやれば」と軽くいわれたことがきっかけでCRAという職業を知り、なんとなく興味本位で就活を進めていくうちにCRAの魅力に惹かれていきました。


―薬学部ではない中で研修をどう乗り越えましたか?

確かにモニターになるために薬学的な知識は必要ですし、知識があることはとても有利だとは思いますが、研修においては薬学的な知識というよりは国語能力が必要だとずっと感じていました。

主にGCPを中心に研修を受けてきましたが、暗記というより理解をしなければいけない事だったので、国語が苦手な私にとってはGCPの理解にとても苦しみました。

結局理解できないところは暗記するしかなかったですが、それはそれでいいと思っています。人それぞれ自分のやり方はあるでしょうし、自分に合った勉強法で進めていけばいいと割り切ることにしました。

薬学的な面で必要なことがあれば研修で教えていただけたし、大学で学んできていないことなので、「知らない、わからないこと」はたくさんありましたが、教えていただいた時にしっかり学んで、分からなければ調べたり、薬学部の子に質問をしたり、その都度学んでいくことで試験に合格することができました。

この研修で学んだことが今の業務の基礎になっているなと実感しています。


―インテリムを選んだ理由、インテリムをどのように知ったかを教えてください。

インテリムを知ったきっかけは就活中に、CRAで企業を探しているときに就活サイトで見つけて知りました。

説明会に参加した際に、歴代新卒として私のテーブルを担当して下さっていた先輩モニターさんがかっこよくて。

その先輩モニターさんが、就活生からの質問にテキパキと的確にこたえられていて、なんとなく当時の自分か見たら、「theできる女」という感じがして、とにかくかっこよかったんです。その先輩がインテリムに新卒で入社したとお伺いして、私もいつかこんな風になれたら…という直感でした。

 あとは、最終面接を井上役員にご対応いただいたのですが、面接終了後に人事の方が何か書類を持ってきてくださって、「記入をお願いします」と言われ、「?」としていると、「あれ、井上さんから聞いてない?合格ですって」とその場で最終面接結果のご報告をいただいて、なんだか面白く思えて印象に残っています。


―休日はどのようなことをして、過ごしていますか?(リフレッシュ方法など、R.Sさんの趣味を教えてください)

何よりも時間人間で、時間を無駄にすることが好きではないので、家で大人しくしていることは少ないです。休日は会える人に会えるだけ会います。友達と会って、たわいもない話をするのはすごく大事な時間だと思います。

特に日々ストレスを感じることはないですが、自然とそれがリフレッシュになっているのかもしれません。

次回に続く

LiGHTHOUSE

株式会社インテリムの情報発信サイト「LiGHTHOUSE」です! アジアNo.1の医薬品開発パートナーを目指すインテリムが、働き方をはじめとしてオンコロジー・再生医療に対する取り組みをアグレッシブに発信していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000